ご葬儀・永代供養・納骨堂

瑞光寺納骨堂 「瑞光廟 無上殿」一周年記念法要 お礼

日頃より当社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

本格的に寒くなってきましたね。。。

12月1日に「瑞光廟 無上殿」が一周年を迎え、瑞光寺本堂にて記念法要が執り行われました。

良いお天気でした。

当日はお寒い中、沢山の方にご来寺いただき誠にありがとうございました。

法要の中で転読大般若経のご祈祷を執り行います。
五穀豊穣や無病息災など、幸せで平穏な生活を祈願します。
大般若経は、正しくは「大般若波羅蜜多経」といい、「西遊記」で有名な玄奘三蔵が訳した経典であるといわれています。
その量、なんと約500万字。600巻にまとめられた、仏教経典の中でも最も長いものです。
もちろん、600巻を全て一日で読み上げることはできませんから、僧侶は「転読」という方法を使って一気に読み上げていきます。
「転読」とは、経本をパラパラめくってお経の一部だけを読むことで、全体を読んだことにするものです。

大般若会を行う時期は、お正月に行うお寺が多いと思いますが、お正月に限ったものではありません。
季節ごとに年4回行うというお寺もあれば、一般公開はせずに毎週行っているというお寺もあります。
なかなか近くで見ることは少ないと思いますので、皆様良い体験になったのでは。。。

瑞光メモリー 西元誠悟